口座開設


FXを取り扱っている証券会社などに、自分の口座を開設するのは、比較的簡単です。例えば、銀行に行って普通預金の口座を開設するのとそれほど変わりません。FXの場合は、ほとんどの場合、インターネットや書類の郵送で手続きが完了します。
また、勢いのある業界ですので、業者間での顧客獲得の競争が進んでいて、新規に口座を開設すると、様々なキャンペーンの対象になることがあります。キャッシュバックなどのお得なモノもありますので、このあたりも確認しておくとよいでしょう。

FXを取り扱う業者のほとんどが公式のホームページを持っており、口座を開設するページを用意しています。
必要な入力事項は、多くの場合、氏名、住所、勤務先などの情報で、勤務先の情報は、インサイダー取り引きを防止するための確認に必要になります。
業者によっては、これまでの投資の経験や、その資産なども求められることがありますが、これは顧客を知るための業者側のアンケートのようなものです。
入力事項は、正確な情報を入力しましょう。投資経験などなくても大丈夫ですし、無職であれば、もちろん勤務先は必要ありません。

提出する書類はいくらかありますが、必ず求められるのが本人確認書類になります。
マネーロンダリング防止の観点から、法律上で他人名義での金融取引が禁止されているからです。
本人確認書類は、運転免許証やパスポートなどの顔写真付き物のほか、健康保険証や住民票などでも大丈夫な場合がほとんどです。
業者によっては、これらの書類に公共料金の領収書などを同時に提出こともあります。
これらの書類は郵送で送ることもできますが、現在ではほとんどがネット上で提出するシステムになっており、デジタルカメラらやスキャナで書類を画像化し、それをネットにアップロードするか、メールにて送付する形で終了します。

入力の手続きと書類の提出が終了し、業者にて申し込みの内容に間違いがないことが確認されると、郵送やメールにて、アカウントID、パスワードなどが送られてきます。
その後は、自身の口座に入金を行えば、投資取り引きを開始することが出来るようになります。

このような手順を踏んで、口座が開設されるわけですが、サポートも丁寧で、開設までの流れも円滑だったのが、「バイナリー88」でした。
こちらは様々なランキングサイトでも名前の挙がっている業者ですので、一度、ホームページを見に行ってもよいでしょう。