XE Markets(エックスイー・マーケッツ)

【安心できるライセンス】

海外のFX業者であるXM.comは、キプロスのTradingPointが運営しています。TradingPointは、キプロスの金融監督機関であるキプロス証券取引委員会(CySEC)の認可を受けているEUの正規業者ですから安心して取引をすることができます。そしてXEMartketsは、英国のFSAライセンスも取得しています。

英国のFSAライセンスは、EUの中でも特に審査が厳しいと言われています。またこのライセンスを所得していることで、もしXEMarketsが破綻するようなことがあっても、2万ユーロまでは、資産が補償されます。

一般的には、2万ユーロまでの補償でも十分ですが、補償額がさらに引き上げられることも、検討されています。

このXEMarketsは、低スプレッド、レバレッジの大きさ、そしてボーナス条件の良さなどが魅力です。

ボーナスの中でも魅力的なのは、初めて口座を開設する場合です。その場合は、初回入金金額の20%がキャッシュバックされるというサービスです。例えばXEMarketsの「リアル口座」を開設して、初回に10万円を入金すると、2万円のキャッシュバックを受け取ることができるのです。

ボーナスの上限は2,000ドルです。したがって一番効率が良いのは、1万ドルを入金して2,000ドルのボーナスを受け取ることです。こうすれば1万ドルの元手で、12,000ドルの取引ができます。レバレッジは、最大で500倍まで効かせることができます。

主要通貨におけるスプレッドが、最小で1pipからとなっているところも魅力です。必須コストを抑えながら取引を行うことができます。そしてXEMarketsは、PC以外にも、スマートフォンなどからも取引がスムーズにできるように、6つの専用ツールが用意されています。

対応デバイスは、iPhone,iPad,Android,Blackberry,Webtrader,MAMで、これらのデバイスがあれば、いつでもどこでも、取引が行えます。勝つためには必須の情報ですが、初回入金額が5ドル以上、取引通貨単位100,000通貨、手数料は無料です。

取引可能な通貨ペアは、米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、英ポンド/円、カナダドル/円、NZドル/円、などの基本的な通貨ペアに加えて、スイスフラン/円、豪ドル/米ドル、米ドル/ユーロを含めた、全部で45通りの通貨ペアが用意されています。

XEMarketsでは、ロスカット・ルール、マージン・コール、オンラインセミナー、仮想取引口座などのサービスを用意しています。うわさによると、実はバイナリーオプション取引のリリースもまじかに迫っているということも言われています。

成行、指値、逆指値、IFD、IFD・OCOトレールなどの多彩な注文方法が用意されており、日本国内のFX業者と同じように、取引を行うことができます。